• MJ TOKYO

一戸建ての購入に必要な諸費用。購入物件が決まってすぐに支払う必要がある費用

購入物件が決まってすぐに支払う必要がある費用について。



さまざまな物件を見て、欲しい一戸建てが見つかったら売買契約をします。

不動産業者が仲介して交わす売買契約の際に支払う必要がある費用としては申込証拠金があります。



これは不要な物件もありますが、購入の意思を示すために支払う費用で2万円から10万円ほどかかることが多いです。



また売買契約のための手付金として物件価格の5%から10%の金額を支払います。

売買契約を交わす際の書類に貼るかたちで納税するのが印紙税です。これは売買契約に書かれている金額により納税額が変わりますが、物件購入が決まったらすぐに支払う必要がある費用です。仲介手数料をこの時点で支払うケースもあります。


これらの費用はあらかじめ用意してから売買契約に臨むとスムーズな物件購入をすることができます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中古マンション等の不動産を、不動産業者を通して売ったり買ったりする際に、その報酬として業者に支払うお金が仲介手数料です。 あくまで成功報酬として支払うものなので、売却や購入の依頼をしても取引が成立しない限り支払う必要はありません。諸費用の中でも大きい金額の仲介手数料ですが、宅地建物取引業方で上限が決められています。 売買金額が400万円を超える場合は、売買金額の3%プラス6万円が上限と定められてお

注文住宅と建売住宅の違い 一戸建て住宅を購入する場合、建売住宅と注文住宅と言った選択肢が在ります。 何れも諸費用が必要になりますが、建売住宅は土地と建物がセットになっている一戸建て住宅で、注文住宅と言うのは、土地を所有している場合には、【工務店やハウスメーカーに依頼をして建物を建築して貰う】、【土地が無い場合には希望エリアに在る土地を購入し、そこに自由な間取り、希望のデザインを持つ家を作りだす】と

建売住宅は注文住宅と比較をした場合、価格が安くなっているので初めてのマイホームでも購入し易いと言った魅力が在ります。 また、完成済、建設途中、更地と言った具合に売り出しが行われているタイミングが異なるため、完成済になっている場合には内覧が出来ても、建設途中や更地の場合にはモデルハウスや図面を見て購入を行う判断を付ける必要が在るため、モデルハウスでの見学のポイントや図面を見て家のイメージを作り上げる